読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子は最高の癒し

日記

仕事を依頼してあった方に電話で改めてお願いしたところ、忙しそうな雰囲気で、ああ、ダメダメ、とすげなく言われ、冷たく切られてしまった。
かなり感じが悪く、何だかショックで、しょげてしまった。
もう一度本格的に頭を下げて頼みに行った方がよいのだろうか、それとももうこれでお終いにした方がよいのか、迷いがあった。
仕事上、嫌な思いをすることは多々あるが、どうしたらよいものか、思案にあぐねた。
そこで信頼する方に相談してみた。
すると、それはもう本格的な拒絶だから、もうこれ以上頼んだりしない方がいい、とアドバイスしてくれた。
なるほど、そうか、と納得し、自分ももう依頼の為に出向きたくなかったので、安堵させられた。
それから山沿いの散策路をぐるっと回って気晴らしをしてみた。
帰宅してから、美味しいお菓子の買い置きを仏様から下ろして、じっくりと賞味した。
とても美味しくて、思わず笑顔がこぼれるほどだった。
女性にとってお菓子はお酒に匹敵するほどの嗜好品だ。
もし糖尿病に罹患して、スウィーツが口にできなくなったらどうなってしまうのだろう。
それだけは避けたい、耐えがたい人生になってしまうもの。
どんなに辛くとも、相談できる人がいてくれる、そして美味しいお菓子を食べることができる、それは自分にとって最高に幸せなことだ。