読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度釣ればその引きにハマる!年中を通してのシーバス釣り

日記

釣りの醍醐味といえば「魚とのやりとり」ですが、シーバスはこのやり取り(引き)がすごく、一回体験すれば必ずはまります。

シーバスはルアーをメインにした釣りですが、ルアーを巻いていると急にガツン!と根がかりのようなあたりが来ます。



それが来たらシーバスが食った証!

あとは少しずつ巻いて巻いて巻きまくる。

シーバスとはスズキの事で湖にいる「バス」のような引きの強さから「海のバス」という意味でシーバスと呼ばれます。

スズキは出世魚で

関西:セイゴ → ハネ → スズキ

東海:セイゴ → マダカ → スズキ

と呼ばれます。



このスズキは基本年中釣れますが10月頃が一番おいしいのでファイトを楽しんだ後、食べるスズキは格別です。

60㎝オーバーの魚になると、タモがないと、上げることができないので注意が必要です。無理に上げようとすると糸が切れたり竿が折れたりしてしまいます。



真冬のシーバス釣りは意外とおすすめで完全防備で挑めば、釣り人があまりいないので釣り場を独占状態できるのが楽しく僕は年中シーバス釣りにはまっています。

たまに、釣り場で新しくシーバス釣りをしている人と仲良くなったりして新しい友達もできたりします。

情報交換はやっぱり大事でみんな色んなことを話してくれるので、釣りの合間に休憩として1時間程いつも話し込んだりしています。



みなさんも機会があれば一度挑戦をしてみてください