読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとできるじゃんけんゲーム

日記

子どもと遊ぶ時、何も道具がなくてもできる遊びを知っていると楽しく過ごせますね。

じゃんけんはシンプルながら盛り上がるのでよくやります。普通のじゃんけんにちょっと要素をつけ足すと面白いです。

たとえば表情じゃんけん。じゃんけんのグー、チョキ、パーを表情で置き換えるものです。グーはしかめっ面、チョキはすっぱいものを食べた顔、パーは驚いた顔、など変顔に設定すると笑えます。実際にじゃんけんしてみると、「あれ、驚き顔はチョキだっけ、パーだっけ?」とか「この勝負どっちが勝ってるの?」「変な顔!」という混乱が起きて盛り上がりますよ。大人は表情筋の筋トレになっていいんじゃないでしょうか。

注意点は、小学校中学年以上くらいの子とやると「おばちゃん(またはおじちゃん)の顔、きもいんだけど」とひかれてしまうところでしょうか。年頃の女の子は難しいですねぇ。

もうひとつ、じゃんけん&ぎゅーっという遊びもあります。じゃんけんをして、勝った方は負けた方を両腕でぎゅーっと捕まえに(抱きしめに)いき、負けた方は抱きしめられまいと逃げる、というゲームです。その場から走って逃げるのはナシで、体を反らせたり後ろに一歩引いたりして逃げるようにします。これもまた、小さい子とするとゲラゲラ笑いが起きますよ。

じゃんけんはいろいろ使えますね